近江八幡の注文住宅の特徴

滋賀県の近江八幡といえば、昔からあきんどの町として知られています。


商売の盛んなところで、現在でも多くの商人があきんどをしています。


それを象徴するかのように、近江八幡では和風住宅が軒を連ねているのが特徴になります。
もし近江八幡で注文住宅を建築する場合は、和風住宅にするのがよいでしょう。



では和風住宅にする場合は、どのようなことに注意をしなければならないでしょうか。
まずは景観が重要になります。


町の多くは和風住宅で占められていますので、それに合わせた住宅にすることが大事です。

もちろん法律的な制限がなければ、どのような注文住宅を造っても問題ありませんが、できるだけ周りの景観に合わせた方が、美しい街並みを維持することもできます。

注文住宅を建築してくれる業者を選ぶ場合には、和風住宅を得意としている業者を選ぶ必要があります。



和風住宅を得意としている業者は、単に和風住宅を建てるだけでなく、そこに住みやすい注文住宅を建ててくれるのが特徴です。


例えば、滋賀県はわりと温暖な地域でありながら冬場は気温が低く、断熱仕様の住宅にするのがよいでしょう。

その一方で風の流れもありますので、和風住宅の中でも通気性の良い住宅にすることが大事になります。



実はこの二つは矛盾します。断熱性を重視すると風通しが悪くなり、風通しを重視すると断熱性が不十分になります。


住む人がどちらを選ぶかということを考えて、それに合わせた住宅づくりをしてくれる業者がよいのです。

top