低価格でも建つ近江八幡の注文住宅

高級だけれども価格が高い近江八幡にあって、1000万円台の価格で注文住宅を建ててくれる工務店があります。



安さの秘密は規格化されたプランニングです。
全ての部分を自由に設計するのではなく、一定のモデュールや決められた仕上げ材や設備機器を使うことで低価格を実現しています。

外壁は決められますが、内部の間取りは自由度も残されています。

暮らしていくのには何の不都合もありませ。



低価格だからと言って、性能が悪いわけではありません。

耐震性は耐震等級3の仕様となっており、地震時にも安心です。

熊本地震で問題となった直下率は、70%を確保し、家族の生命と大切な財産を守ります。
建築計画は、フィナンシャルプランナーの資金計画から始まります。
無用にグレードを上げて、資金に無理が生じるのが避けられています。
完成保証が付加されているので、会社に何かあっても、建物の完成は保証されます。近江八幡には全国平均をはるかに上回る工務店が数多く存在します。



しかし、どんなに良いものを造っても、予算が高ければ注文住宅でも買いにくいものです。
木造建築と地元工務店の利点を享受できて、かつ、価格が安い住宅は、多くの消費者に歓迎されます。
大手住宅メーカーが販売する低価格住宅との違いは基本性能の良さです。

耐震等級3の仕様は低価格住宅では珍しく、杉やヒノキなどの国産材の使用も、自慢できるものです。

近江八幡で注文住宅を依頼する場合は、地元の工務店に依頼したいものです。


top